admin-FBJJwcHD のすべての投稿

投資をする際に気をつけたいコツコツドカン

投資に良くあるコツコツドカンとは、損大利小とも呼ばれますが、1回の利益は少ないのに1回の損失は大きいことで、小さな利益をコツコツと積み重ねていき、最後の大きな損失で、今までの利益を全て失うことをコツコツドカンと呼びます。

例えば勝率が90%のトレードルールだったとしても1回の勝ちが1千円プラスで、1回の負けが1万円の場合、10回トレードをすると9回は勝ちますので、9千円のプラスとなります。

ところが残りの1回で1万円のマイナスを出してしまいますので、トータルの損益は1千円のマイナスとなってしまいます。このように株式投資では勝率だけではなく、損益比率も重要となってくるのです。

しかし、人間は利益を得る場面ではリスク回避を優先して、反対に損失が被る場面では損失を可能な限り回避しようとする傾向があり、このことをプロスペクト理論と呼びます。

例えば、こんな選択肢があった場合どのような選択をするでしょうか、Aは100%の確率で100万円が手に入る選択、Bが60%の確率で200万円が手に入る選択です。

多くの方はAの100%の確率で100万円が手に入る選択を選びます。次にAは100%の確率で100万円を支払はなくてはならない、Bが60%の確率で200万円を支払わなくてはならない場合、多くの方はBの60%の確率で200万円を支払わなくてはならないを選択します。

このことから人間は利益を前にすれば確実に取れる利益を確定させて、損失を前にすればその全てを回避しようとする選択をしてしまいます。

この心理が結果として少ない利益でもすぐに確定をしたがり、損失はすぐにカットせずに、戻ってきて±0にしたいと考えますが、結局戻ることはなく、大きな損失となって泣く泣く損切りをするといったことになってしまいます。

この考えをしていては投資で利益を上げることはできませんので、利益は伸ばし損失は少なくなるようにしてください。

コツコツドカンを極力なくすために、投資顧問から助言を受けるのもありでしょう。投資顧問の評判・評価をチェックしながら、ご自身にあった投資顧問選びをされてみてはいかがでしょうか?

投資の資産は絶対に余剰資金で行うこと

株式投資などの投資を行うに当たって、絶対に気をつけたいことは、投資に用いる投資資金は必ず、生活などへ影響の無い余剰資金で行うことです。

株式投資は、投資資金が大きければ大きいほど、期待できる利益の額も大きいものとなります。しかしながら株式投資など、すべての投資にはリスクがあり、場合によっては投資した資産が著しく減少してしまうことや、信用取引などを行った場合には投資に用いた資産以上の損失を被ることがあります。

さらに、投資を余剰資金で行うことによって、投資で計上した損失を投資で取り戻すなどといった、冷静さを失った思考に陥ることを防ぐことができ、冷静な判断で投資を行うことができます。投資に生活資金をつぎ込んでしまうと、投資で計上した損失を取り返さねばならないといった心理が働き、冷静さを欠いてしまうのです。

冷静さを欠いた投資は非常に危険で、取る必要の無い高いリスクを取りに行ったり、短期的な利益を狙った投資行動などをしてしまい、さらに損失を重ねるようなことが多々あります。

FXや信用取引など、自己の資金以上の投資を行える仕組みも存在しますが、これも損失額が膨大なものとなる可能性があり、非常にリスクの高い投資であるため、最悪の場合でも余剰資金で清算できる程度の取引額に留めるべきであるといえます。

また、生活費を除いた余剰資金とはいっても、そのすべてを株式投資などの投資資金とすることも避けなければなりません。

生活上、不測の事態が生じることは多くあり、想定できる生活資金からさらに余裕をもった資金を現預金として確保しておき、それでも余剰の資金があれば投資を行うといった程度での投資が望ましいと言えます。

こうした投資の場合には、対象の銘柄選別眼が非常に重要になってきます。フィスコのソーシャルレポーターなどにも寄稿している関係者のブログaなど、非常に参考になります。皆さんも覗いてみて下さい。

自分にとって最適な証券会社を選ぶポイント

株式投資で資産形成を考える場合、証券会社の選択というのは大変重要なポイントとなります。自分の投資スタイルに最適な証券会社を選択する必要があるからです。証券会社にもいくつかのタイプがあります。まず、昔からある対面式の営業方法と最近のインターネット証券です。どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分に合っているほうを選択します。

対面式というのは、営業マンなどにアドバイスを受けながら株式投資を行うスタイルです。もちろんアドバイスを受けるだけで、損失が出ても責任を取ってもらえるわけではありません。株式投資は自己責任が原則です。ただし、あくまで補助的に利用するという面ではそれなりに良い面もあります。可能性としては少ないかもしれませんが、良く勉強している営業マンなどと出会えると幸運です。
これに対して、インターネット証券の場合には、誰のアドバイスも受けずに自分で判断したい人向きです。インターネット上ですべて取引を完結できますので大変楽です。通信環境さえあれば、PCやスマートフォン、タブレットなどを利用してどこからでも取引できるところが魅力です。また、インターネット証券の場合には、コストがあまりかかりませんので取引手数料が安いというのも魅力です。

特に、デイトレードなどの短期投資の場合には、取引手数料が安いというのは死活問題になりますので重要です。短期投資の場合にはインタネット証券の利用が必須と考えてよいでしょう。また、インタネット証券といえども、それなりに情報は提供してくれます。さらに、多くのチャートシステムなども利用できますので、ある程度自分で判断できるという投資家にはこちらのほうが向いていると言えます。

積極的に活用したいETF

日本では財政問題を抱えていることから、将来の社会保障には不安を持たざるを得ない状況が出ています。そのため、個人では長期的に資産形成を行っていくニーズは高まってきています。長期的な資産形成を行う上では、株式投資が必須の金融商品となります。

債券投資よりも株式投資の方が、長い目で見ればリターンが高くなることが傾向があるからです。株式投資をする際には、個別株を選ぶ場合には銘柄によってリターンの差が大きく出てしまうリスクが起こってきます。

したがって、長期的な投資では、多くの銘柄へ分散するインデックス型のETFを積極的に活用したいところです。

ETFは上場投資信託となっており、証券会社で口座を持っていれば個別株と同じように取引ができます。株式のインデックス型のETFは、アクティブ型の投資信託に比べると信託報酬が低いため、長期の投資に向いた金融商品と言えます。

インデックス型のETFの種類としては、国内の代表的な株価指数に連動するタイプが有名です。しかし、長期で資産形成を目指す場合には、国内のタイプよりも海外のタイプを多く保有したいところです。証券会社で取引ができるETFには、海外の先進国の株式を対象としたものや、新興国の株式を対象としたものが存在しています。

この先進国と新興国の2つのインデックス型ETFを購入することで、世界分散投資が可能となってきます。世界分散投資を図ることができれば、リスクの高い株式でも長期的に安定した運用益が期待できるようになります。

その他に個別の国への投資として、アメリカの株式を対象としたETFを購入したり、今後の経済成長が期待できるインドの株式を対象としたETFをポートフォリオに付け付け加える方法も良いと考えます。

現物取引と信用取引

株式投資は、上手に売買を行えば本業と並行して資産形成を行える副業としても人気が高まっています。しかし、成功するためには十分な時間をかけて株式の知識を学び、さらに株式投資に必要な制度も覚える必要があります。株式投資を始めるなら覚えておきたい最も基本的な制度が、現物取引と信用取引です。

現物取引は、多くの人がイメージしている株式投資そのもののことです。証券会社の取引口座に現金を入金し、その資金の範囲内で売買を行う取引を指します。当然のことながら、取引口座に入金されている金額以上の売買はできません。

一方で、信用取引は取引口座に入金されている金額を越えて売買を行うことができます。その名の通り自らを証券会社に信用してもらい、証券会社から資金を借りて売買を行えるのです。最大で口座残高の3倍までの取引が可能です。

しかし、信用取引の最大のメリットは「空売り」を行えることです。空売りとは株価が下落した際に利益を出すことが出来る売買手法です。

その方法は、先に株式を証券会社から借りて現在の株価で売ってしまい、そして株価が下落したら市場で株式を買い、その買った株式を証券会社に返すのです。すると、株式を借りた時点の株価と市場で株式を買ったときの差額が利益になるのです。

信用取引は、証券会社に信用口座を開設することで利用できるようになります。しかし、信用口座は誰にでも開設できるわけではなく、証券会社による審査が行われたうえで基準を満たしている場合に限り開設が認められます。基準は証券会社によって異なりますが、金融資産が一定額以上あることや、現物取引の投資経験などが求められます。

株式投資を行うときは、リスクを考えて現物取引と信用取引を使い分けることが大切なのです。

ポートフォリオとは?

株式投資や資産形成の話題になると、時に「ポートフォリオ」というものが出てきます。

これは何かというと、どのようなものに資産を投資しているかを見るということや、分散投資についての考え方です。

ポートフォリオの考え方をいくつか紹介しましょう。

まず、すべての資産を現金で持っているという人の場合、この場合はすべて投資先は現金所有ということになり、もしその所有している通貨の価値が下がれば一気に資産価値は下がるでしょう。

一方、株や定期預金、投資信託などに投資をしているのなら、そのような投資の割合を示すものがポートフォリオになります。例えば毎月給料から5万円貯金しているというのなら全て現金・および貯蓄のポートフォリオとなりますが、毎月1万円は現金として持ち、残りは海外株への投資信託と日本株での株購入代金としているのならば、そのポートフォリオは40%が海外株、40%は日本株、残りは日本円の預貯金ということになります。

資産形成の場合、資産を一つの投資先にまとめることは非常に危険です。例えば急な出費があった時に対応できるようにある程度の預貯金は普段から持っておきたいところでしょう。すべての預貯金を投資に回すのは危険です。仮に日本が大不況になり軒並み日本株の価値が下がれば、日本の株のみで資産形成をしている人にとっては大きな打撃となるでしょう。

ポートフォリオ形成の際、株式投資だけではなく投資信託や現物、海外投資なども行う必要があります。また、ハイリスク・ハイリターンの商品だけを一攫千金を狙って持つのは多額の借金のリスクもあって危険なのは間違いないでしょう。このため、いくつかの乙氏先に分散しておき、あなたの投資目的にあった適切なポートフォリオを作成する必要があるのです。

ポートフォリを作り上げていく上では、プロの投資顧問を活用することで、間違った売買判断をされるリスクは低くなるでしょう。人気の投資顧問をユーザーの口コミで探し、無料相談されてみてはいかがでしょうか?
>>投資顧問とは