ポートフォリオとは?

株式投資や資産形成の話題になると、時に「ポートフォリオ」というものが出てきます。

これは何かというと、どのようなものに資産を投資しているかを見るということや、分散投資についての考え方です。

ポートフォリオの考え方をいくつか紹介しましょう。

まず、すべての資産を現金で持っているという人の場合、この場合はすべて投資先は現金所有ということになり、もしその所有している通貨の価値が下がれば一気に資産価値は下がるでしょう。

一方、株や定期預金、投資信託などに投資をしているのなら、そのような投資の割合を示すものがポートフォリオになります。例えば毎月給料から5万円貯金しているというのなら全て現金・および貯蓄のポートフォリオとなりますが、毎月1万円は現金として持ち、残りは海外株への投資信託と日本株での株購入代金としているのならば、そのポートフォリオは40%が海外株、40%は日本株、残りは日本円の預貯金ということになります。

資産形成の場合、資産を一つの投資先にまとめることは非常に危険です。例えば急な出費があった時に対応できるようにある程度の預貯金は普段から持っておきたいところでしょう。すべての預貯金を投資に回すのは危険です。仮に日本が大不況になり軒並み日本株の価値が下がれば、日本の株のみで資産形成をしている人にとっては大きな打撃となるでしょう。

ポートフォリオ形成の際、株式投資だけではなく投資信託や現物、海外投資なども行う必要があります。また、ハイリスク・ハイリターンの商品だけを一攫千金を狙って持つのは多額の借金のリスクもあって危険なのは間違いないでしょう。このため、いくつかの乙氏先に分散しておき、あなたの投資目的にあった適切なポートフォリオを作成する必要があるのです。

ポートフォリを作り上げていく上では、プロの投資顧問を活用することで、間違った売買判断をされるリスクは低くなるでしょう。人気の投資顧問をユーザーの口コミで探し、無料相談されてみてはいかがでしょうか?
>>投資顧問とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です